町と人をつなぐコミュニケーションサイト

この町で食べておきたいこの一皿(葛西)
Tetsu坊 スペシャル焼

Tetsu坊 スペシャル焼

Photo/Saori Kojima Text/Ayako Futatsuya

広島の人も認める パリッと麺のお好み焼

 クレープのように丸く薄く広げられた生地の上に、せん切りのキャベツやもやし、豚バラ肉などが次々とのせられ、こんもりした山になりました。それを、鉄板を滑ってきたヘラがくるりと上手にひっくり返すと、きつね色に焼けた生地がお目見え。茹でられた麺がパリッとするまで焼けたら、さらに鉄板に落とされた卵と重ねられて…。

 思わず拍手を送りたくなるような、熟練されたなめらかな手つきを披露してくれた「Tetsu坊」のオーナー神戸徹さん。葛西でお好み焼を食べたいなら、まず思い出してほしいお店です。駅から徒歩で3 分ほどの好立地にあり、広島出身の常連客が多いという“ お墨付き”の本場の味を提供しています。

Tetsu坊 スペシャル焼特集

 ヘラがチャッチャッと鳴ったり、ジュージューと焼ける音は、お好み焼屋さんならではの楽しい音色。やがてお皿にのせられたふっくら大きなまん丸に、2 本のヘラがグッと差し込まれ、器用に切り分けられていきます。たっぷりのソース、大胆にひとつかみのネギと卵がのったら、「Tetsu坊スペシャル」の完成。広島では定番のイカ天や、神戸さんおすすめのトッピングがたっぷり入った贅沢な1品です。香ばしく焼けた麺が存在感を放ち、イカ天はかむほどに甘みを感じます。ネギの辛みは卵がまろやかにしてくれているので食べやすく、ボリューム満点なのにあっという間にペロリといけちゃいます。

 「友人が広島お好み焼のお店を開いたのが始まりです。初めて食べたとき、衝撃を受けましたね」と話す神戸さん。神奈川出身の神戸さんは、それまでいわゆる“ 関西お好み焼”しか食べたことがなかったそう。「味にほれて、その店で8 年ほど修業しました。友人は、今でも僕の師匠です」。葛西にお店を構えてから6 年。生麺や天かす、イカ天などは広島のメーカーから取り寄せ、“ 広島の味”にとことんこだわっています。出会ったときの感動はいつまでも熱を失わないまま、神戸さんは今日もおいしく丁寧に焼き上げます。熱々のうちにいただきましょう。

※記事内容は2017年5月時点のものです

Tetsu坊 スペシャル焼

「いいね!」して町のぷちネタを受け取ろう

Data

広島お好み焼・鉄板焼 Tetsu坊
広島お好み焼・鉄板焼 Tetsu坊
住所 〒134-0083 東京都江戸川区中葛西5-41-3 エクセル葛西1FMAP
電話 03-3804-9261
営業時間 11:30~14:00、17: 30 ~ 23 :00 
定休日 月曜定休
その他 アクセス/東京メトロ東西線「葛西駅」より徒歩3 分 
メニュー/Tetsu 坊スペシャル焼1650円、肉玉そば800円