町と人をつなぐコミュニケーションサイト

この町のわたしの好きな人(葛西)
葛西ポイ捨て タバコ拾いの会 小野田実さん

葛西ポイ捨て タバコ拾いの会 小野田実さん

Photo / Saori Kojima
Text / Aki Kotake(Pea Green)

葛西の町からゴミをなくしたい 町がきれいだと気分もいいし
葛西ポイ捨て タバコ拾いの会 小野田実さん特集

 毎週土曜日の朝8時から約30分間。葛西駅周辺でボランティア「葛西ポイ捨てタバコ拾いの会」が活動しています。2012年から始まったこの活動の発起人は、葛西在住17年の小野田実さんです。

 掃除を始めたきっかけは、小野田さんの勤め先である、マンション清掃などを行う『ゼネック』の30周年行事の準備中のこと。地域貢献の話になって、駅前清掃が候補に挙がったそう。でも定期的に継続するのは社員への負荷を考えると難しいという意見もあり、その案は採用されなかった。「でも僕はやりたくて。そのとき会社のコンサルタントに相談したら“ ひとりでも始めれば”と言われたんです」

治安もよくなるはずそんな町になるといいですね
葛西ポイ捨て タバコ拾いの会 小野田実さん特集

 そのアドバイスに背中を押され、まじめで行動力のある小野田さんは、自宅から会社まで徒歩5分の道のりを30分かけて、路上に落ちている煙草の吸い殻を拾い始めました。出勤時間を30分早めての清掃活動は大変そうですが、「掃除しながらゆっくり歩くことで、町の魅力を再発見できたんです」と小野田さんは楽しそう。

 3カ月間活動を続けていると、そのがんばりが『ゼネック』の社長の目に留まり、ゴミ袋やトングといった道具の提供、ゴミ廃棄を会社が引き受けてくれることになったといいます。さらにこの活動をフェイスブックで発信すると、小野田さんに賛同する地域の人々が参加してくれるようになりました。今では毎週10人程度で活動しています。参加者は主婦から会社経営者の方まで実にさまざま。「この活動を通じていろんな方と知り合いになれた」と交流関係が広がって、人生も豊かになったそうです。

葛西ポイ捨て タバコ拾いの会 小野田実さん特集

 小野田さんの「町をきれいにしたい」との純粋な想いが、仲間を着実に増やし、現在では、船堀、篠崎、平井、小岩駅周辺にも活動が広がりました。「町がきれいだとゴミを捨てようという気持ちにならないもの。心まですがすがしくなって、治安もよくなるものです。ゴミ拾いの活動を続けることで、この町の人間関係が円滑になるといいですね」

※記事内容は2016年2月時点のものです

葛西ポイ捨て タバコ拾いの会 小野田実さん

「いいね!」して町のぷちネタを受け取ろう

Data

葛西ポイ捨て タバコ拾いの会
住所 〒134-0083 東京都江戸川区中葛西3-37-16MAP
営業時間 土曜8:00~8:30(雨天中止)
URL https://www.facebook.com/poisutetabakohiroi
その他 集合場所/東京都民銀行 葛西支店の前
参加/自由 ※道具の貸し出しあり※開催・中止などの詳細は
Facebookにてご確認ください

【編集担当/katsuo】
自分の住む町、働く町をきれいにしたい。思ってはいても、行動に移すことは簡単ではありません。いつの日か葛西が、小野田さんたちの活動が必要なくなるほどクリーンな町になるその時までこの素敵な活動を応援していきたいです