町と人をつなぐコミュニケーションサイト

この町で食べておきたいこの一皿(住吉)
肉の田じま

肉の田じま

Photo/Takashi Nishizawa
Text/Satoko Nemoto(Sawa-Sawa)

口の中で甘い脂が溶ける最上級の松阪牛をリーズナブルな焼肉で

『肉の田じま』で松阪牛のメニューを注文すると、部位ごとに個体識別票が添えられます。ランチタイム限定の焼肉「特選松阪牛カルビ&ロース2種盛り定食」には、カルビとロースに1枚ずつ。「本日のロースは柔らかい腰肉のイチボ、カルビはサシが多い三角バラ。どちらも希少部位ですよ」と説明するのは店長の野本和明さん。「1頭買いで仕入れているので、リーズナブルにお出ししています」

肉の田じま特集


 自家製のタレか塩かはお好みで。塩を選ぶと、ごま塩、わさび醤油、ポン酢の3種類で味わえます。野本さんのアドバイスに従って、色が変わる程度にさっと焼き、ごま塩をつけてほおばると、柔らかい! 口の中で脂がすっと溶けて、柔らかい肉にからみます。ロースは適度にかみ応えがあり、カルビはジューシー。「松阪牛は脂の融点が低く、焼くと脂が溶けて甘みが出るといいますね」。わさび醤油やポン酢も、ごはんがどんどん進むおいしさです。

肉の田じま特集


『肉の田じま』は先代が精肉の卸で創業し、昭和48年に2代目の現社長が焼肉を始めました。現在は1階が精肉販売店、2階が焼肉レストラン、3階がすき焼き・ステーキ・しゃぶしゃぶのレストランです。「牛肉の中でいちばんおいしいものを扱いたい」との思いから、店の看板は松阪牛。全国の優秀な血統の仔牛を、指定の生産地域で900日以上肥育した、子を産んでいない黒毛和種の雌牛です。「去勢された雄牛に比べて、未経産の雌牛は肉質が柔らかいんですよ」と野本さんは言います。
 また、松阪牛以外の牛肉も、店で出すのは黒毛和種の雌牛のみに限定。ブランドの名前にこだわらず、目利きの3代目が東京食肉市場に足を運んで、実際に見て買い付けています。

肉の田じま特集


 お客さんは地元の人が多く、親子2代、3代で通う常連さんもいるそう。「富岡八幡宮の門前町ということもあり、地域のつながりは強いですね。肉以外は町会の酒屋さんや八百屋さんから仕入れていますし」。地元出身ではないという野本さんも、「いかにも下町って感じの雰囲気がいいんですよ」と目を細めます。

※記事内容は2016年2月時点のものです

肉の田じま

「いいね!」して町のぷちネタを受け取ろう

Data

肉の田じま
肉の田じま
住所 〒135-0011 東京都江東区扇橋1-4-1MAP
電話 03-3699-8929
営業時間 2F11:00~23:00(L.O. 22:30)、3F17:00~22:00(L.O.21:30)
定休日 月曜定休(祝日の場合は翌日休み)
その他 アクセス/住吉駅A1出口または清澄白河駅B2出口より徒歩10分、錦糸町駅などより都営バス「錦13」で扇橋一丁目下車すぐ
メニュー/特選松阪牛カルビ&ロース2種盛り定食2980円(ランチ)
※カード可

【編集担当/osa】
田じまさんには、焼肉のほかにも極旨ランチが20ほど揃います。すきやき御膳やビーフシチューから、田じラーメン、ジャンボカツカレーといった気軽なメニューまでラインナップ。ボリュームもあるので、お腹をすかせて出かけてみて