町と人をつなぐコミュニケーションサイト

この町のわたしのスキなひと(小岩)
JOJO Market 桑原 有加さん

JOJO Market 桑原 有加さん

Photo/Saori Kojima
Text/Ayako Futatsuya

 小岩の商店街にある、ブティック「JOJO」の店先。グリーンのテントの下に、色とりどりの野菜が並んでいます。道を行く人々は足を止め、眺めたり、「これはなに?」と尋ねてみたり。そんな穏やかな光景の中心に、桑原有加さんの笑顔が咲いています。桑原さんは3年ほど前からお母様のお店の一角を借りて、江戸川区では珍しい無農薬野菜の販売を始めました。

JOJO Market 桑原 有加さん特集

 子どもの頃から畑に触れる機会も多く、「おばあちゃんの採れたてのトウモロコシが大好きでした」と思い出を語る桑原さん。自身が母親になってからは、より食事への意識が高まったそう。ご主人の実家を訪れた際に農家の人と知り合うようになり、いつの間にかネットワークが広がっていました。「自然栽培の畑で採れたばかりのトマトを食べさせてもらったときに、本当に感動してしまって。このフレッシュな野菜を子どもたちにも食べさせたいと思ったんです」と話します。
 毎週土・日は買い出しに回り、月・火曜日にお店に立ちます。「鮮度が命なので、本当はその日にもらい手を見つけたいくらいなんですが…。でも、無農薬野菜のすごいところは食べておいしいだけじゃなく、持ちがいいところなんです! しかも、捨てるところが全然なくて全部食べられるんですよ」と魅力を語ります。

JOJO Market 桑原 有加さん特集

 実は桑原さん、お店の日以外の平日は区役所にも勤める、多忙なワーキングマザー。「母がここで30年以上お店を続けているおかげで、お買い物ついでに野菜も買ってくださる方もいて、ありがたいんです。決して私ひとりでやっているのではなく、農家さんと家族の協力があってできることなんです」と、感謝の気持ちを忘れません。
 取材中に、常連さんと思われる女性が来店しました。最初は通りがかりに遊びに来ただけ、という感じでしたが、「なんでも買いたくなっちゃってダメね」と照れ笑いをしながら、いつの間にか手にはお財布が。「見慣れない野菜も並ぶので、オススメの調理方法を聞かれることもありますし、おうちでどんなふうに食べたかを次に来店したときに教えてもらったりもしますね」と桑原さんも嬉しそう。
「私、世界のオーガニックを見てみたいんです! いつか、自分で生産にもチャレンジしてみたいですね」。ちょっと控えめに、でもキラキラとした目で話す桑原さんは、無邪気な子どものような魅力を持った温かい女性でした。

JOJO Market 桑原 有加さん

「いいね!」して町のぷちネタを受け取ろう

Data

JOJO Market
JOJO Market
住所 〒133-0056 東京都江戸川区南小岩8-4-33MAP
電話 03-3657-1190
営業時間 10:30~17:00 売り切 れしだい終了
その他 営業日/月・火曜