町と人をつなぐコミュニケーションサイト

この町のわたしの好きな人(東陽町)
ダウンタウンレコード 土田義周さん

ダウンタウンレコード 土田義周さん

Photo/Takashi Nishizawa
Text/Satoko Nemoto(Sawa-Sawa)

レコードが大好きだからずっと店を続けたい

 2方向がガラス張りの明るい路面店。東陽町の駅からほど近い『ダウンタウンレコード』には、ロック、ジャズ、ラテン、ブルース、歌謡曲など、ジャンル別に分類された中古レコードが整然と並んでいます。50円のシングル盤から10万円近いレアなLP盤まで、「若い人たちにも裾野を広げたいので、買いやすい値段にしています」と店主の土田義周さん。居心地のいいソファで、好きなだけ試聴することもできます。

ダウンタウンレコード 土田義周さん特集

アナログなレコードの魅力を 若い人にも伝えたいですね

 土田さんは東陽町の生まれ育ちで、じいちゃんの代から親子3代で通う居酒屋も近所にあるという地元っ子。90年代のアナログブーム時代にどっぷり浸って音楽を聴き、渋谷のレコード店に勤めた後に独立しました。「御茶ノ水から東側には中古レコード店がない」そうで、お客さんは近所の住人にとどまらず、近隣の墨田区や江戸川区からも。アナログなレコードは若い人にはむしろ新鮮らしく、常連さんには中学2年生の男の子もいるそうです。「向かいの学習塾に通っていて、毎日寄ってくれます。ホール&オーツやデュラン・デュランが好きで、最近はローリング・ストーンズにハマり中。もとはお母さんがお客さんでしたが、今では自分のレコードプレイヤーを持っていますよ」

ダウンタウンレコード 土田義周さん特集

 土田さんは「今あるレコードを聴き切ることはできない。一生、飽きないでしょうね」と笑う、筋金入りのレコード好き。店では、お客さんがレコードを解説するワークショップも開催しています。「多くの人が出入りすると店に活気が出るし、なにより僕自身が楽しい」と土田さん。一方で、「本は字が読めれば楽しめますが、レコードはプレイヤーがないと聴けないからハードルが高い」といい、10代の人に限定して、中古のプレイヤーをプレゼントしたこともあるそう。「ツイッターで告知したら、1台に50人近い応募があったんですよ」と、新たなレコードファンに期待しています。
 店を開いて今年で11年目。“ 下町”レコード店を愛するお客さんは、まだまだ増えそうです。

ダウンタウンレコード 土田義周さん特集

※記事内容は2015年8月時点のものです

ダウンタウンレコード 土田義周さん

「いいね!」して町のぷちネタを受け取ろう

Data

ダウンタウンレコード
ダウンタウンレコード
住所 〒135-0016 東京都江東区東陽3-27-3MAP
電話 03-3645-0155
営業時間 13:00~20:00
定休日 火・水曜定休
その他 アクセス/東陽町駅1番出口より徒歩3分

【編集担当/osa】
中古レコード店はハードルが高そうですが、ここは違うんです。朗らかな土田さんみたいに温かなお店で、誰でもウエルカム。お家で眠っているレコードの買い取りもしているから、今度の週末は押し入れをのぞいてお宝発見してみては?