町と人をつなぐコミュニケーションサイト

この町で食べておきたいこの一皿(葛西)
欧風料理 キャトルセゾン

欧風料理 キャトルセゾン

Photo/Saori Kojima
Text/Hiromi Onda(Listen)

クリーミーでスパイシー! 黒こしょうソースをまとった ジューシーなハンバーグ

 ビーフシチューや仔羊のローストなど、クラシックなフレンチをベースにした欧風料理が、ゆったりとコースで楽しめると評判のレストラン『キャトルセゾン』。腕を振るうのは、第一ホテルに26年間勤務し、海外店で総料理長も務めたシェフの野武照男さんです。接客を担当するのは奥様。19年前に夫婦で那須高原に店をオープンして8年後、奥様の家族が暮らす葛西へ移転してきました。

欧風料理 キャトルセゾン特集


 こちらで子供から年配の方まで大人気の一皿が「ハンバーグステーキ 黒こしょうソース」。ステーキに刻んだ青こしょうを塗ってオーブンで焼く、ステーキ・オウ・ポワブルベールを発展させたオリジナルメニューです。葛西はファミリー層が多いので、家族みんなで召し上がってほしいと思い、ハンバーグのアレンジを考案したそう。高温のオーブンで焼きあげた特製ハンバーグは肉汁があふれてとてもジューシー。「隠し味にドライシェリー酒を入れ、肉がソースになじむように工夫しました。また、ソースには、さまざまなこしょうを試した中で、いちばん香りがよかった黒こしょうを使っているんですよ」。辛みが立たないようにつぶして、シェリー酒とブランデーで煮詰め、生クリームでまろやかに仕上げます。肉のうまみに、クリーミーなソース、こしょうのスパイシーな香りがマッチして絶妙な味わい。

欧風料理 キャトルセゾン特集

欧風料理 キャトルセゾン特集


 野武シェフは、子供の頃から、レシピなしでパンケーキを作るほど料理に関心があったそう。『天皇の料理番』のモデルで知られる秋山徳蔵氏に惹かれ、「こんな仕事をしてみたい」と、本格的に料理の道を志したと言います。プロの料理人になって45年。今では、お店も誕生日や七五三、古希など家族の節目の祝いに欠かせない存在です。「那須の店のお客様で、移転後の葛西へ通ってくださる方もいらっしゃいますね。当時は高校生で親になったとき、子供が生まれた記念に家族で来店いただいたこともあります。長く続ける中で、お客様の人生とも接点が持てる。それが嬉しいですね」。素敵な町のレストランは、これからも家族の大切な思い出を紡いでくれるでしょう。

※記事内容は2015年11月時点のものです

欧風料理 キャトルセゾン

「いいね!」して町のぷちネタを受け取ろう

Data

欧風料理 キャトルセゾン
欧風料理 キャトルセゾン
住所 〒134-0083 東京都江戸川区中葛西3-2-4パルコーポ101MAP
電話 03-3689-9888
営業時間 11:30~14:30(L.O.13:30)、18:00~21:30※要予約
定休日 火、第3水曜
その他 アクセス/葛西駅中央口より徒歩5分 メニュー/ハンバーグステーキ 黒こしょうソースランチセット1620円(ポタージュ、パンまたはライス、アイスクリーム、コーヒー付き) ※カード可(ディナーのみ)

【編集担当/osa】
料理にもサービスにも、手間を惜しまないご夫婦。その優しい空間についつい長居したくなってしまいます。ゆっくり食事をする時間がないという方はテイクアウトを。ハンバーグはお昼にお弁当としてお持ち帰りもできますよ