町と人をつなぐコミュニケーションサイト

この町で食べておきたいこの一皿(浦安)
天哲 天ぷらそば

天哲 天ぷらそば

Photo/Saori Kojima
Text/Ayako Futatsuya

 一見すると、住宅街の中に佇むおそば屋さん。でも、地元の人はみんな知っています。この「天哲」がある浦安のフラワー通りは、かつてたくさんのお店が軒を連ねた活気のある商店街だったこと。通りに並行して流れている境川に船が着き、仕事を終えた漁師たちで連日にぎわっていたと。

 のれんをくぐり店内へ入ると、常連さんと思しき先客が数人。お昼の時間はとうに過ぎていましたが、その後もお店の引き戸は何度も開き続けました。お店に立っていたのはご主人、奥様、娘さんの3人。お客さんとの会話を楽しみながらも、見事な家族の連携プレーで次々と注文の品をさばいていきます。

 やがて運ばれてきた「天ぷらそば」は、しっかりと色付いたつゆの中にしなやかな麺がのぞき、その上には立派なエビの天ぷらが一尾。まずはそばをすすってみるとつるりと、なめらかで、醤油ベースの濃い目の熱いつゆが舌と喉を程よく刺激します。大ぶりのエビをかじったら、おそばとつゆをもうひと口。すると、ごま油が天ぷらの衣からしみ出し、つゆのうまみが増していることに気が付きます。

天哲 天ぷらそば特集

「この味付けは、漁師町の名残。昔から変えてないの」と教えてくれた奥様。創業以来106年、同じ味を守り続けています。「迷ったこともあったけど、うちはこれでやっていこうって決めたんです。数十年ぶりのお客様に『変わらないね』と言ってもらえたときは、〝これでよかったんだな〟って」。いちばん人気の定番メニュー『カレー南蛮』もやはり濃い目の味付けで、残ったカレーあんに半ライスを入れていただくのがこの町の〝漁師流〟なんだとか。

「ちゃんとしたものを手作りする」ことにこだわるご主人は、早起きをしてお出汁をとることから始まります。カツオ節は手で削り、無添加で保存料もなし。「変えないこともチャレンジ」と胸を張るように、毎日打つそばも、そば粉、水、割粉の配分はずっと同じです。

「味覚って、その当時のことを思い出させると思わない?」と奥様が言いました。町の風景は変わっても、変わらない天哲の味が記憶の扉となって、町の人々の心まで満たしてくれています。

※記事内容は2018年1月時点のものです

天哲 天ぷらそば

「いいね!」して町のぷちネタを受け取ろう

Data

住所 〒279-0041 千葉県浦安市堀江3-8-17MAP
電話 047-351-2670
営業時間 11:00~15:00(L.O.14:30)、17:00~20:00(L.O.19:30)
定休日 水曜定休
その他 アクセス/東京メトロ東西線「浦安駅」より徒歩8分
メニュー/天ぷらそば900円、カレー南蛮850円