町と人をつなぐコミュニケーションサイト

この町のわたしのスキなひと(浦安)
ON AND ON 店主 小野靖広さん・貴子さん

ON AND ON 店主 小野靖広さん・貴子さん

Photo/Miharu Kimura
Text/Ayako Futatsuya

「今回取材の話をもらって、顔が出るし、子供たちもいるからイヤだなって思ったんですけど、僕らみたいな思いを持っている人が浦安にいるならその人たちに知ってほしいなって」。カフェ「ON AND ON」を営む小野靖広さんは終始取り繕うことなく本音で話してくれました。2015年12月に自宅の1階にオープンし、奥様の貴子さんと一緒に月に2回ほど不定期に営業。店内はキリッとしたコンクリートと木製家具の温かみが絶妙なコントラストを生み、庭に面した窓からはやわらかい陽射しが注ぎます。

ON AND ON 店主 小野靖広さん・貴子さん特集

 学生時代のアルバイト先で出会った小野さん夫妻。「就職活動をやめる理由だけを考えていました(笑)。世の中を見つめたとき、やりたいことがないなと思って」と、靖広さんは家具作りを、貴子さんは料理を学ぶ道を選択。そのときに「家具を作って料理を並べたら、カフェができるんじゃない?」と靖広さんが冗談交じりで発したひとことが実現したのは、それぞれ進んだ道でのたくさんの出会いに後押しされたから。例えば、お店のロゴは友人でデザイナーの岡本健さんが担当。「お金がないときにイベントのチラシをデザインしてくれて。“次は小野くんがいつかお店出すときに、ちゃんと依頼してね”と言われたんです。向こうは覚えてなかったけど僕はそれがずっと引っかかってて、背中を押されましたね」

ON AND ON 店主 小野靖広さん・貴子さん特集

 そして店を始めた理由はもうひとつ。「浦安に自分たちが行きたいと思ういい店が少ないから。堀江にあるそば屋の『天哲』にカレー南蛮蕎麦を食べに行くくらいですね」ときっぱり。「利益よりも“いいもの”を出したい」と、料理やスイーツの素材も、それをのせる器も、一つひとつ自分たちで選んで納得したものを使います。「こだわっているというか、なにを決めるにも結局選択はするじゃないですか。そのときに、“これでいいや”ではなく“これがいい”にしたくて」と貴子さん。また、「おいしいけど高い」と言われた経験がかえって靖広さんを燃えさせたことも。「誰かの意見じゃなくて、自分の中でよく見て比べてほしい」と言います。メニューは旬の食材を使いつつ、“おいしい”と言ってくれたお客さんのことを思い浮かべながら決めることもあるそう。

ON AND ON 店主 小野靖広さん・貴子さん特集

 この日いただいたのは、ほろ苦いグレープフルーツのタルト。“次の季節はどんなタルトなんだろう?”と、気付けば再訪するときのことを考えてしまっていました。

ON AND ON 店主 小野靖広さん・貴子さん

「いいね!」して町のぷちネタを受け取ろう

Data

ON AND ON
ON AND ON
住所 〒279-0002 千葉県浦安市北栄MAP
営業時間 営業時間や住所など詳細はホームページより
URL http://onandon.work/