町と人をつなぐコミュニケーションサイト

この町のわたしの好きな人(浦安)
TOKIIRO 近藤義展さん 友美さん

TOKIIRO 近藤義展さん 友美さん

Photo / Saori Kojima
Text / Aki Kotake(Pea Green)

地元である浦安から世界へ 季節により表情を変える

 多肉植物のアレンジを提案する、近藤義展さんと友美さんご夫妻によるユニット『TOKIIRO』。7年前に友美さんの地元・浦安にあった住まいを改装し、創作活動やワークショップを行うアトリエ兼ショップ、カフェを営み、多肉植物の魅力をここから発信しています。

 前職を辞めて、今まで縁のなかった多肉植物のアーティストになるほど、ふたりが虜になったこの植物とはどんなもの?

多肉植物の多彩な魅力を発信していきたい
TOKIIRO 近藤義展さん 友美さん特集

 多肉植物は、砂漠などの厳しい環境で生息し、生命力が強いのが特徴です。水分を蓄える構造を持ち、葉は肉厚で茎は太め。ふっくらした特有の葉が個性的で、インテリアのアクセントにもぴったり。魅力はたくさんありますが、「いちばんは、誰でも簡単に育てられること。水を毎日やらなくても大丈夫! 私、この仕事を始めるまでは、植物をよく枯らしていたんですよ」と友美さんは笑います。

TOKIIRO 近藤義展さん 友美さん特集

 また、種類が豊富で、1万程度。いろいろな種類を組み合わせて作る、寄せ植えの楽しさも格別とか。ガーデニングのコンテストで受賞歴もある実力者、義展さん曰く、「葉の色は、基本は緑ですが、冬には赤や黄、橙に色付きます。季節の移ろいを活かした寄せ植えのアレンジができるのも、多肉植物ならでは」。アレンジのポイントを伺うと、「デートで歩いた散歩道など、心がときめくような物語を表現すること。自分がいいと思うことが大切」と熱く語ってくれました。

「都内での活動が多く、地元ではあまり知られていないし、地元に貢献できてない」と謙遜しますが、ふたりの多肉植物に対する愛情と穏やかな人柄が出会った人々を魅了。触れ合った人々のクチコミで、浦安でも徐々に知られるようになりました。昨年は浦安市内の小・中学校で、今年の3月には台湾でワークショップの開催を予定し、その活動は海外へも広がっています。

 植物を育てるのが苦手な人でも育てやすく、季節を映して色付く多肉植物。暮らしに取り入れれば、慌ただしい毎日に潤いをもたらしてくれそうです。

※記事内容は2016年2月時点のものです

TOKIIRO 近藤義展さん 友美さん

「いいね!」して町のぷちネタを受け取ろう

Data

住所 〒279-0042 千葉県浦安市東野2-5-29MAP
電話 047-704-8483
営業時間 木~日10:00~17:00
定休日 月~水曜定休
URL http://www.tokiiro.com/
その他 【編集担当/osa】
これだけ多彩な多肉植物を直売している所は、日本中探してもなかなかない希少なお店です。カフェスペースでは、多肉植物に囲まれておいしいコーヒーをいただけ、栽培のアドバイスを直接聞けます。興味のある方はぜひ足を運んでみて