町と人をつなぐコミュニケーションサイト

この町のわたしのスキなひと(瑞江)
Deakin St coffee stand サイモン・ジェームズ・フレンチさん 神谷智恵さん

Deakin St coffee stand  サイモン・ジェームズ・フレンチさん 神谷智恵さん

Photo/Miharu Kimura
Text/Ayako Futatsuya  

 ウッドデッキのアプローチとスタイリッシュに配置された大小の窓ガラスが印象的な、瑞江のとある住宅。週末には引き戸が大きく開け放たれ、ステキなキッチンが顔をのぞかせます。ここは、自宅1階のリビング・ダイニングでサイモンさん・智恵さんご夫妻が今年6月から営むコーヒースタンド。店名の「DeakinSt coffee stand」は、ふたりが出ったオーストラリア・メルボルンで暮らしていた通りの名前から取りました。

 ワーキングホリデーでオーストラリアに2年間滞在し、それぞれカフェで働いていたおふたり。「いつかお店をやりたいと思ってたんですけど、こんなふうにすぐにとは考えていませんでした」と智恵さんは言います。物件探しをしていたときに惚れ込んだ部屋が、カフェを開きたい人向けだったという運命的な出会いに背中を押されて、もっと先のことだと思っていた夢が思いもよらず早く実現しました。

Deakin St coffee stand  サイモン・ジェームズ・フレンチさん 神谷智恵さん特集

 イギリス出身のご主人、京都出身の奥様にとって、瑞江は“はじめまして”の町。でも、「知り合いがまったくいなかったのでもちろん不安もあったんですけど、オープン当日の開店時間に、近所の方がすぐに来てくださったんです」と智恵さんは嬉しそう。サイモンさんも、瑞江は「interesting(おもしろい)」だと笑顔です。「皆さんすごく親切なんです。区役所の方も保健所の人も協力的で応援してくださって。お客様にも“こういう店を待ってたんです”とよく言われます」と、町の人々の期待を感じているそう。今では、町を歩けば挨拶を交わせる顔見知りもできました。「瑞江は私たちにとってのサードホームのような場所ですね」

 日頃サイモンさんは清澄白河のロースタリーで、智恵さんはスキンケア商品のお店で働いているので、今は毎週金曜と隔週土曜だけの営業ですが、ゆくゆくは週5日営業にしたいと考えているんだとか。

Deakin St coffee stand  サイモン・ジェームズ・フレンチさん 神谷智恵さん特集

 将来的にはコーヒーだけでなく、グロッサリーストアのような展開も視野に、人々が集まる空間づくりをしていきたいというご夫妻。今は第一歩を踏み出したばかりです。サイモンさんにコーヒーの魅力を尋ねると「コーヒーを作る方法は“ギシキ(儀式)”みたい」だと言いました。そして、自分にとって「meditation(瞑想)」のようだ、とも。そのようにして丁寧に淹れられた1杯は心にじんわり染み渡り、この町の笑顔と幸福感を作り出してくれます。

Deakin St coffee stand  サイモン・ジェームズ・フレンチさん 神谷智恵さん

「いいね!」して町のぷちネタを受け取ろう

Data

Deakin St coffee stand ( ディーキン ストリート コーヒー スタンド)
Deakin St coffee stand ( ディーキン ストリート コーヒー スタンド)
住所 〒132-0015 東京都江戸川区西瑞江3-2-8MAP
営業時間 10:00~18:00
定休日 金、第1・3・5 土のみ営業