町と人をつなぐコミュニケーションサイト

この町で食べておきたいこの一皿(西葛西)
伍之伍之 十六夜

伍之伍之 十六夜

Photo / Takashi Nishizawa
Text / Aki Kotake

ワクワクと驚きがいっぱい 野菜のうまみをギュッと詰め込んだスペシャルサラダ

 西葛西駅から歩いてすぐ。ビルの2階という決してわかりやすくはない場所に、『伍之伍之 十六夜』があります。オープンしたのは9年前。オーナーシェフ・牧正勝さんのセンスが光る驚きあるカジュアル創作料理を味わえると女性から評判です。

伍之伍之 十六夜特集


 看板料理は、日本ではまだまだ珍しい野菜″ マコモダケ”を使った「まこもだけの肉巻き揚げ」や、ホワイトソースの代わりにすり下した山芋を使った「豆富とキノコの和風とろろグラタン」など、珍しい食材やひと手間加えた野菜料理。中でもおすすめは、野菜が持つうまみを最大限に引き出した「焼き野菜の冷た~いマリネサラダ」です。一般的にサラダといえば、野菜を切っただけの簡単メニューというイメージがあるものですが、こちらでいただけるのは牧さんのひと工夫がプラスされた一皿。例えば使用する野菜は1時間も焼くと言います。「低温でじっくり焼くことで、余分な水分が抜けて、甘みがギュッと凝縮されるんですよ」。口に入れてみると、トマトはフルーツのようだし、人参はまるでグラッセです。今回は、トマトやナスなどを使用していますが、野菜は季節ごとに変更。旬な野菜をいちばんおいしい状態で味わえる、見た目も鮮やかな一皿なのです。

伍之伍之 十六夜特集


 料理に対するアイデアが豊富な牧さんは根っからの料理人気質。食指が動いた店には、積極的に食べに行ったり、料理本を買いあさって勉強したり…。料理に対するアンテナを常に張っています。探求熱心な牧さんの店では、1年間に何度も新しい料理メニューやドリンクが加わるのです。

伍之伍之 十六夜特集


「僕が飽きっぽいせい」と冗談を飛ばしながらも「地元の方にもっと食べることに興味を持ってもらえたら嬉しいですし、料理を研究することで自分自身も成長したい」と。めざすところは?というと「ほかの町にわざわざ行かなくてもおいしさとおもしろさを楽しめる地元で満足できる店にしたいです」と話してくれました。「こんな食べ方があるのだ! 」。新たな発見と驚きのある料理を味わえるお店が身近にあるって素敵なことです。

※記事内容は2015年9月時点のものです

伍之伍之 十六夜

「いいね!」して町のぷちネタを受け取ろう

Data

伍之伍之 十六夜(ごのごの いざよい)
伍之伍之 十六夜(ごのごの いざよい)
住所 〒134-0088 東京都江戸川区西葛西5-5-16ツボイビル2 FMAP
電話 03-3877-0949
営業時間 17:00~翌1:00(L.O.深夜 0:30)
定休日 不定休
その他 アクセス/西葛西駅北口よりすぐ メニュー/焼き野菜の冷た~ いマリネサラダ850円、まこもだけの肉巻き揚げ1本324円(オーダーは2本から)

【エリア担当/cassy】「こんなメニューはどうだろう?」「おもしろいイベントやりたいな」などアイデアがどんどんあふれてくる牧さん。いつも勉強させられっぱなしです。まこもだけの肉巻き揚げも美味ですが、パクチー料理もおすすめ!