町と人をつなぐコミュニケーションサイト

この町で食べておきたいこの一皿(篠崎)
Cafe Ange

Cafe Ange

Photo / Takashi Nishizawa
Text / Hiromi Onda

おもわず笑顔がこぼれる 甘酸っぱくてもちもちのミックスベリーパンケーキ

 心地いい音楽と甘い香りが漂う店内では、店名でもあるアンジェ(フランス語で天使)のオブジェがあちこちでお出迎え。2011年春に開店したこちらは、店主・青山洋子さんと息子の浩章さん親子が営むカフェです。オープン当初から評判が高いというミックスベリーパンケーキ、どんな一皿なのでしょうか。 
 3枚重ねたパンケーキの上にはストロベリーとフランボワーズのアイスクリームに生クリーム、新鮮なベリーとトッピングも華やかです。試行錯誤を重ね、「完成までに3年かかったんですよ」という生地はヨーグルトとバターがたっぷり入ったオリジナル。ほんのり優しい甘みと、もっちりとした食感はクセになる味わいです。多いときで1日50枚も焼くほどの人気で、「訪れるたびに注文してくださる方、鎌倉など遠方から足を運んでくださる方もいるんですよ」と洋子さん。家族連れの方も多いそうで、甘いものが苦手な男性のためには、お食事パンケーキも揃います。

Cafe Ange特集


 お店を始めたきっかけを伺うと、祖母の秘伝のレシピで作るサータアンダギーの評判がよく、「お店を出したら?」とご主人がすすめてくれたからと洋子さん。「だったらパンケーキを出すカフェに」と提案したカメラマンの娘さんがメニューを撮影します。浩章さんは開店を機にサラリーマンを辞めて厨房に入り、さらには調理師学校に通い、フレンチを一から学びました。「おかげで、2年前から夜にはフランスの家庭料理も出せるようになったんですよ」と話す洋子さんの横で、「まだまだ勉強中の身ですけど、飲食店が少ない篠崎で、地元の方々のお食事の選択肢を増やすことができたら」と浩章さんはほほえみます。

Cafe Ange特集

Cafe Ange特集


 最近では、店内でコーヒーや音楽をテーマにしたイベントも行っているそう。「例えば、テーマパークのような…。このお店がお客様にとって、住まいの近くにある小さな楽しみのひとつになれたら嬉しいですね」。
 青山さん家族みんなの想いが詰まった温かなカフェは、今日もたくさんの笑顔で満たされているに違いありません。

※記事内容は2015年9月時点のものです

Cafe Ange

「いいね!」して町のぷちネタを受け取ろう

Data

Cafe Ange
Cafe Ange
住所 〒133-0061 東京都江戸川区篠崎町7-2-7イーストエンジェ ルアオヤマ1FMAP
電話 03-6638-7942
営業時間 10:30~14:30、カフェ14:30~17:00、ディナー18:00~23:00(L.O.22:00)、火曜~17:00
定休日 月曜、第3火曜定休
その他 アクセス/篠崎駅北口より徒歩10分 メニュ ー/ミックスベリーパンケーキ850円、お食事パンケーキセット1100円(スープ、サラダ、ドリンク付き※ランチのみ) ※カード不可

【エリア担当/papa】
いつもお客さんの笑顔があふれているアンジェさん。おふたりの人柄がそうさせているんだなぁと思います。BGMのビートルズを聞きながら食べる、デミグラスソースがたっぷりのオムライスも絶品。いつも長居して、すみません