町と人をつなぐコミュニケーションサイト

この町のわたしのスキなひと(舞浜)
舞浜地ビール工房「ハーヴェスト・ムーン」 ブルーマスター 園田智子さん

舞浜地ビール工房「ハーヴェスト・ムーン」 ブルーマスター 園田智子さん

Photo / Kenji Nakata
Text / Ayako Futatsuya

オリエンタルランドの準社員として10年ほどゲストパーキングで働いていた園田さんは、1996年にビール職人を募集する社内公募に応募。「“ビールってつくれるの? ”って、おもしろそうだと思ったんです。新規事業という点にも興味がありました」と振り返ります。

舞浜地ビール工房「ハーヴェスト・ムーン」 ブルーマスター 園田智子さん特集

「未経験なのによく採用しましたよね」と笑いますが、知識を得るための努力は惜しみませんでした。他社へ勉強に行ったり、国内外のいろんな場所へビールを飲みに訪れたり98年には、日本に数えるほどしかいないという日本地ビール協会の「マスター・ビアジャッジ」の資格を取得しました。「ビールの歴史や醸造知識を得られるし、自分たちのビールを客観的に見られると思ったんです」。さまざまなレシピを試し、ついに5種のオリジナルビールの販売開始までこぎつけたのは、2000年のことでした。

舞浜地ビール工房「ハーヴェスト・ムーン」 ブルーマスター 園田智子さん特集

ビールにはいろんな味があることを知り、ますます好きになったという園田さん。“また飲みに行きたい”と思えるいくつかのビールに出会った経験から、「自分も記憶に残るビールをつくれたら」という思いで日々ビールづくりに向き合っています。「飲み比べてみると味や香りの違いに気付いてもらえると思います。自分の好きな味を見つけてほしいですね」。現在、ハーヴェスト・ムーンのビールはイクスピアリ内やイオン新浦安などで飲めますが、今後は提供する場を拡大したいそう。ちなみに、ビールは楽しみ方もいろいろ。園田さんはシュバルツにバニラアイスを合わせるのが好きなんだとか

舞浜地ビール工房「ハーヴェスト・ムーン」 ブルーマスター 園田智子さん特集

麦芽、ホップ、ビール酵母、水というシンプルな原料でできているビール。酵母は生き物なので、そのときのコンディションで出来栄えも変わるといいます。「多少の違いもひっくるめての手造りビールだと思う」という園田さんの言葉に、不思議とこちらまでビールが愛おしく思えてきました。いつか「あれ? 前と味がちょっと違うかな?」なんて言ってみたいものです

※この記事は2019年5月20日現在のものです

舞浜地ビール工房「ハーヴェスト・ムーン」 ブルーマスター 園田智子さん

「いいね!」して町のぷちネタを受け取ろう

Data

舞浜地ビール工房 「ハーヴェスト・ムーン」
住所 〒279-0031 千葉県浦安市舞浜1-4MAP
電話 047-305-2525
営業時間 ※営業時間は店舗によって異なります
URL https://www.ikspiari.com
その他 イクスピアリ・クラフトビア・コレクション2019
7月12日(金)~15日(月・祝)イクスピアリ2Fセレブレーション・プラザにて開催。
詳細は上記HPより