町と人をつなぐコミュニケーションサイト

この町のわたしのスキなひと(船堀)
江戸川区商店街連合会・会長 松本勝義さん

江戸川区商店街連合会・会長 松本勝義さん

Photo/Kenji Nakata
Text/Ayako Futatsuya

 「エドレンジャー! がんばって~!」。子供たちの必死の声援が響きわたる日曜日の昼下がり。とある駅前広場での光景です。子供たちの視線の先には、黒ずくめの悪党と戦うレッド、グリーン、ピンク、ゴールドのヒーローたち。みんなの応援を力に変え、守るのは江戸川区の平和_。この勇敢なヒーローを誕生させたのは、江戸川区商店街連合会の会長を務める松本勝義さん。狙いはもちろん、商店街の活性化です。「縁日などのイベントで一時的な宣伝をしても、効果は一瞬。だから、継続的なものをやらないと」と、松本さんは話します。

江戸川区商店街連合会・会長 松本勝義さん特集

「賛否両論ありましたよ。でも、商店街の若い人たちがやろうって言ってくれて」と企画当初を振り返る松本さん。予算やアクターのことなど山積みだった問題は、紆余曲折ありながらも2年ほどの時間をかけて一つひとつ解決していきました。「費用はともかく、誰が中に入るのかって。俺が若ければ入ってもよかったんだけど」と冗談を挟んで笑いますが、その笑顔の裏にはきっと並々ならぬ苦労があったはず。結果的に、アクターやイベントの司会・音響は、葛西の「東京映画・俳優&放送芸術専門学校」の学生が務めることになり、地元の学校とのつながりを強めるいい効果も生みました。今やエドレンジャーはさまざまなイベントに引っ張りだこになり、「江戸川区の小学生で知らない子はほとんどいないんじゃないかな」と嬉しそうに目を細めます。

江戸川区商店街連合会・会長 松本勝義さん特集

 人気の秘密は、やはり継続的な努力があってこそ。「毎年新しいキャラを作ったり、その時期に合わせて内容を考えたりしています」。子供だけではなく、大人の心もつかむキャラ設定やストーリーのユーモアセンスも魅力です。最近では、江戸川区にゆかりのあるラッキィ池田さんが「エドレンジャー体操」の振り付けを担当するなど、話題にこと欠きません。「江戸川区って“水と緑のまち”でしょ? 最近は環境問題が世界的に話題になっているけど、これからはその流れにマッチしたエドレンジャーかな」と、松本さんが今温めている次のコンセプトも教えてくれました。

江戸川区商店街連合会・会長 松本勝義さん特集

 自身も長年小岩で電気屋を営み、時代の流れを見てきた松本さん。「キャッシュレスの問題もあるし、商店街は変わらなきゃいけないところにきている」と、商店街連合会の会長として立ち向かうべき課題はまだまだ残ります。商店街の未来のことを本気で考える松本さんこそ、紛れもなくこの街のヒーローです。

江戸川区商店街連合会・会長 松本勝義さん

「いいね!」して町のぷちネタを受け取ろう

Data

江戸川区商店街連合会
住所 〒134-0091 東京都江戸川区船堀4-1-1 タワーホール船堀3FMAP
電話 03-5667-2281
URL http://www.edogawakusyoren.jp/edoranger/info/