町と人をつなぐコミュニケーションサイト

この町のわたしのスキなひと(浦安)
すし処 善 店長 増田 豊さん

すし処 善 店長 増田 豊さん

東京ディズニーランドRまで車で約10分、堀江交差点のすぐそばに、真っ白な外観が目を引く「すし処 善」があります。「2000年に“町のお寿司屋さん”としてオープンし、2012年に開放的でスタイリッシュな空間へとリニューアルしました」と語るのは、オーナーの吉橋善伸さん。「コンセプトは“癒しの空間”。カウンタ―ごしに、季節を感じられる大きな窓を作りました。カウンター席、テーブル席、お座敷は、ゆとりを持って配置してるので、おひとり様からご家族連れまで、ゆっくり食事ができますよ」。ソファ席をしつらえた喫煙コーナーも用意するなど、幅広いお客さんの要望に対応しています。

すし処 善 店長 増田 豊さん特集

「すし処 善」の最大の魅力は、豊洲仲卸直営店であること。1950年、築地で創業した仲卸「吉善」の3代目吉橋さんらが目利きした旬の魚介が毎朝、豊洲市場からお店に届けられます。「鮮度・品質抜群の魚介を気軽に味わえるのがうちの強みです。近隣で『廻鮮寿司 吉恒』も運営しているのですが、落ち着いた空間でお寿司をじっくり楽しみたい、というときにはこちらへ

すし処 善 店長 増田 豊さん特集

そんな旬の魚介を、目の前で極上の江戸前寿司に仕立ててくれるのが、20年以上の寿司職人歴を持つ浦安出身の増田さん。「魚に合った仕込みをして、いちばんベストな状態で提供するように心がけています」。女性に好評のランチプレートは、中トロ、白身、サーモン、赤イカなど旬の握り6貫と、サラダ、茶碗蒸し、あいす大福などが付いて1200円。夜は、お酒に合う一品料理やコース料理のほか、お好み握り一貫110円~と、お財布にやさしい価格でいただけるのも魅力です。

すし処 善 店長 増田 豊さん特集

実は、出戻りだという増田さん。「銀座のお店で経験を積んで、15年ぶりにこちらに戻ってきたのですが、常連さんたちが『応援しているよ』と温かく迎えてくれたのが嬉しかったです」。そんな地元の人たちのやさしさに触れ、おいしいお寿司を提供するのはもちろん、居心地のよい空間も大切だと実感。「うちのお店が“明日への活力”の場になれたらいいですね」とほほえみます。豊洲市場の仲卸仲間や常連の寿司職人から、いろんな情報やアドバイスがもらえるのがありがたいという吉橋さん。「浦安はもともと漁師町。舌が肥えたお客さんの期待にも応えていきたいですね」。また、地域の応援プロジェクトとして、 コロナに負けるな!600円海鮮丼というテイクアウト商品も販売。そんな太っ腹な試みも、地元の人に愛される理由です。

すし処 善 店長 増田 豊さん

「いいね!」して町のぷちネタを受け取ろう

Data

すし処 善
すし処 善
住所 〒270-0041 千葉県浦安市堀江6-4-32MAP
電話 047-352-3751
営業時間 11:00 ~15:00(14:30LO)、17:00 ~23:00(22 :30LO)、土・日・祝11:00 ~23:00(22:30 LO)
定休日 木曜定休