町と人をつなぐコミュニケーションサイト

この町のわたしのスキなひと(新浦安)
LITTLE BY LITTLE 中里昂平さん

LITTLE BY LITTLE 中里昂平さん

舞浜駅のほど近く、住宅が立ち並ぶエリアで、毎週木曜日に「舞浜三丁目マルシェ」が開催されています。販売カーの中から笑顔で迎えてくれたのは中里昂平さん。新浦安のシンボルロード沿いに昨年7月オープンした高級生食パンとスペシャリティコーヒーのお店「リトル バイ リトル」のオーナーで、2歳の双子のパパでもあります。
 舞浜3丁目は、買い物に少し不便なエリアで、買い物支援、移動販売、地域の方々の交流の場として、昨年10月から自治会主催でスタートしたマルシェ。現在は、地元の八百屋「小高青果」、魚屋「山治」そしてパン屋「リトル バイ リトル」が直売を行っています。「買い物難民の問題が各地で取り上げられるようになっている中、高齢化が進む地元の舞浜もひとごとでないと。母からマルシェのことを聞いて、自治会に提案し、今年の2月から出店しています」

LITTLE BY LITTLE 中里昂平さん特集

販売するのは、マルシェ限定で用意した角食パン1斤450円をはじめ、生食メロンパンやクルミパンなど約8種類。毎週楽しみに待ってくれているお客さんの笑顔を見てやりがいを実感。「自治会のボランティアの方々が精力的でとても助かっています。このマルシェの成功をモデルケースに、周辺で開催地が増えるという話も聞いているので嬉しいですね」

LITTLE BY LITTLE 中里昂平さん特集

そんな熱意ある中里さんは、西葛西で「クリクロ」の愛称で親しまれる雑貨店「クリスクロス」の2代目。モノやコト、日常の必需品をベースに、人が集まる場所をつくりたいとの想いから、「リトル バイ リトルをオープンしました。マーガリンや卵を使用せず、素材にこだわったパンをパティシエが製造。「自分も小さな子供がいるので、安心して毎日食べられるパンをめざしています」と中里さん。看板商品の食パンは、驚くほどモチモチ。地元客はもちろん、東京ディズニーリゾート(R)の来園者にも喜ばれているそうです。

LITTLE BY LITTLE 中里昂平さん特集

広めのイートインスペースでは、蔵前の焙煎所「Leaves COFFEE Roasters」のコーヒー豆を使ったコーヒーとフードメニューが楽しめ、近隣店舗によるマルシェやワークショップなどを不定期で開催。「モットーは“一燈照隅”。スタッフや参加される店舗の方など、一人ひとりが光となり持ち場を照らし、笑顔の場が増えれば、町全体が盛り上がるのでは、と願っています」と、地元への想いを語ってくれました。

LITTLE BY LITTLE 中里昂平さん

「いいね!」して町のぷちネタを受け取ろう

Data

住所 〒279-0013 千葉県浦安市日の出5-5-1 パークシティ東京ベイ新浦安CoCo ベイモール1FMAP
電話 047-329-2820
営業時間 10:00~17:00
定休日 火曜定休
URL https://www.little-by-little.online/
その他 アクセス/新浦安駅より総合公園行き東京ベイシティバスでベイモール下車すぐ